スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満足。

急に真夏になったかのようなここ大阪。

暑さが老体には堪える季節となりました。


さて、今回もTRINIDAD ネタです。

昨年、1年2組氏より譲り受け2ライン組んでの8月スタートでした。

ブロックに我が家TRINIDAD専用オリジナル添加剤を入れ高添加での自詰めブリード。

1本目の食い上げはすこぶる順調でしたが2本目で落ち着いてしまったようでした。

その為か我が家のブリードとしては1番遅く投入となった種でしたが

羽化するのも1番早い種となりました。(約8カ月での羽化)

いろいろと考えられる要因はありますが2016ブリードで検証してみようと思います。

そんな中、自己満足できる個体が羽化してくれました。


(15TRI-26) SIZE75.0㎜  顎幅6.8㎜  頭幅28.5㎜  最終体重27.3g
2016_0612_064805-IMG_1209_convert_20160612071055.jpg
2016_0612_064734-IMG_1203_convert_20160612071127.jpg
2016_0612_065356-IMG_1213_convert_20160612071154.jpg

重圧感があり、理想に近い極太TRINIDADが羽化してきてくれました。

1年2組氏個体を累代しただけですので当たり前といえばそれまでですが

とりあえず来季への希望となったのは間違いありません。



今現在のTRINIDAD羽化個体をみてみると

♂×12  羽パカ×2  64㎜~76㎜

♀×5  羽パカ×0  46㎜~49㎜

といった感じでサイズ的には平均的ですが

極太特有の問題が少なくポテンシャルが望める種ではないでしょうか。

来季の2016ブリードが楽しくなりそうです(^^)



只今、上記のTRINIDAD兄弟をヤフオクに出品中です。
スポンサーサイト

納得?

前回に続きTRINIDAD FPC-777

初羽化となる第1号は見事な羽パカ。

更に先ほど様子を見てみると★に!

覚悟はしてましたがやはり残念です。

残りので不全が多発しないことを願うばかりの中

続々と兄弟個体が羽化してきています。

前回の事もあり、掘り出すのに躊躇しましたが

PP越しには羽パカでないような2個体を掘ってみました。

出てきたのはコレ↓

TRINIDAD FPC-777(15TRI-1)  
2016_0528_192602-IMG_1183_convert_20160528193412.jpg

まずは不全でなく安心しました。。

完品とは言い難いですが体格は重圧もありガッチリって感じです。

出来としては、まあまあといったところでしょうか。

気になるサイズですが、完全に固まっていない状態での計測なので曖昧ですが

(仮計測) 体長73.0㎜  顎幅6.2㎜(6.1㎜~6.3㎜)  頭幅26.0㎜。



そして次の個体です。

取り出したのがコレ↓

TRINIDAD FPC-777(15TRI-14)
2016_0528_162025-IMG_1173_convert_20160528191218.jpg
2016_0528_161213-IMG_1162_convert_20160528191043.jpg
2016_0528_161808-IMG_1167_convert_20160528191148.jpg

そこそこ(納得?)の個体が羽化してきてくれました(^^)

羽化して1~2週くらいでしょうか。

まだ赤いですが翅はしっかり納まっているのがなによりです。

後はもう少し頭幅が欲しいのとディンプルだけですね(^^)



(仮計測) 体長 73.0㎜  顎幅6.4㎜(6.3㎜~6.5㎜)  頭幅25.0㎜
2016_0528_163152-IMG_1179_convert_20160528191253.jpg

この個体は種親のDNAを上手く受け継ぎ次世代へ繋がれば楽しめそうです。

まだ、羽化待ちTRINIDADが多数いるので

さらなる個体が羽化してくるのを願うばかりです。

初羽化。

昨年、ご本家1年2組ドルクスハイスクール氏より

直接譲り受けたTRINIDAD FPC-777!


3月中旬ごろに蛹化しそこから24℃管理。

じっくり時間を掛け5月初旬に羽化確認。

待望の第1号が初羽化してきました。



初ブリードの極太血統の為、最大の課題となっている翅パカが心配です。

PP1400ボトルの管理でしたので、個体の羽化状態が

掘ってみるまでハッキリ確認できません。

期待を胸に恐る恐る掘ってみると、最終体重の割に予想を上回る大顎が!

出てきたのがこれ↓


TRINIDAD FPC-777  (15TRI-2)  種親♂74.0㎜ × ♀50.0㎜
2016_0521_102721-IMG_1158_convert_20160521115222.jpg




大顎が見えた瞬間テンションが上がりました(笑)

最終体重24.0gの割に良い還元率?。

これはいける!


更に掘り進めていき

最悪の翅パカではないよう祈りながら

全体が見えるまで少しずつ少しずつ進めた結果。





2016_0521_102837-IMG_1161_convert_20160521115246.jpg


くぅ~。 残念ダメでした(泣)

上がったテンションが下がったのは言うまでもありません(笑)

翅パカ回避の対処はしたつもりでしたが

こればかりは仕方ありません。


サイズは76.0㎜?ほど

顎幅は物足りませんが6.5㎜UPでしたのでとりあえずですね。

初ブリード、初羽化で僅かに種親越えはしたということで良しとしときます。

まだ羽化は始まったばかりと気を取り直して

次回以降、今回を上回る個体が少しでも多く

無事完品羽化してきてくれる事を願うばかりです(^^)


安否。

例年通り、クソ忙しい毎日で疲れ果て

ブリード、その他諸々そっちのけ状態が続いる今日この頃です。

とは言うものの、そろそろ準備を始めなければいけません。

とりあえず2016種親となる個体の安否確認。



今回は、時間がなく1ペアだけ。

昨年よりブリードを開始した、1年2組ドルクスハイスクール氏より直接購入した TRINIDAD-FPC777。

恐る恐るケース内を見た所、生きていました。

まずは一安心です。

ペアリング時期までに体力が回復するのを願うばかりです。



今回は、前回と違う別ライン♀をあてがいブリードを予定してます。

期待のTRINIDADーFPC777! 楽しみです。


2016_0302_151831-IMG_1033_convert_20160305142746.jpg

近々、2016年度の全ての種親を起こす予定ですが

組み合わせを全く考えていません(笑)

さて、どうしようか。



ようやく2本目終了。

最近、特に仕事が忙しく、その上、体調が下降気味。

咳が止まらず睡眠不足に悩まされている今日この頃です(笑)


医者で診てもらい検査したところアレルギー性(イネ科、犬)の咳喘息じゃないかと。

汚れでしたからアレルギーは、今まで無縁でしたので驚きです。

職場が都会から田畑の多い勤務地へ移動になったのと、我が家の愛犬が原因。

検査結果から見ても明らかで医者の(サードオピニオン)診断も同じでした(汗)

薬を飲めば症状は落ち着くんですが、薬が切れ1週間もすれば再発の繰り返しで凹んでます。

ブリードが出来なくなるのではないかと思いましたが今のところ関係は薄いらしく一安心してます。



そこでこんな物を購入しました。

2015_1123_140949-IMG_0959_convert_20151123145338.jpg

加湿機能付き空気清浄機です。

能書きを見るとなかなかのすぐれもの。

あの、星○リゾートでも使用しているらしいです。

少しでもゆっくり眠れるならばと購入しましたが(汗)・・・気休めでしかならないでしょう。

なんせ外にいる時間の方が長いですからね~。

こんな柔なことを言っていては、ブリードはできなくなりますね(笑) 

まずはストレスを減らし体質改善をしなければなりませんが難しそうです。




さて、タイトルの2本目ですが今回は極太。

今シーズン、スタートが6~8月でしたので後半の2本目交換がようやく出来ました。

まずは、新ブリードとなるTRINIDAD FPC-777の交換。

最大だったのがコレ↓


15TRI1R-26     27.3g      種親 72.0㎜×48.5㎜
2015_1122_200745-IMG_0951_convert_20151123084542.jpg

♂Aveは、22.6g

予想していた値を2~3g下回ったのは残念です。

次回、3本目で増量を期待です。


続いて交換したのが風魔。

この血統は、我が家が密かに累代を続けてきた血統ですが

なかなか大きく育てることができなく(最大幼虫26g 最大サイズ74㎜ 最大顎幅6.2㎜)と毎度苦戦。

しかし諦めることなく今シーズンも期待を込めた結果、やっと待望の幼虫が育ってくれました。


15FU1R-20   32.2g   種親13FU1R-28 74㎜ × 13FU1R-10 50㎜2015_1122_203852-IMG_0955_convert_20151123084652.jpg

他の交換でも

23.3g   24.8g   25.4g   25.9g   26.8g   27.9g   28.8g   29.3g   30.1g

Aveが27.4gと良い手ごたえ。

小さいのから満足できる物までありますが、これは素直に嬉しかったです。

また体重も上手くバラけてくれていますので今後の羽化までの検証がしやすくなりそうです。

さてさて今後、リスク等どうなっていくのか心配ですが

時間は掛かりましたが、我が家、ブリードで大きく育ったことに感謝し楽しみます(^O^)/
プロフィール

まさやん

Author:まさやん
2008年から趣味で飼育している自己満足のオオクワガタ飼育の記録を中心に
日々のあれこれを記録がてら綴っていけたらと思います。

<ブリーダーさんブログ情報>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。