孵化。

前回、お試し産卵をしたYG。

産卵セットを4月8~22日まで14日間組み、22日に割り出し。

卵での採卵採集で採れた14卵が孵化してきました。

種親 ♂15YG1R-5(85.5㎜) × ♀15YG1R-9(53.6㎜)
2017_0503_212932-IMG_1332_convert_20170504095558.jpg
2017_0503_212849-IMG_1328_convert_20170504095536.jpg

14卵中10卵が無事孵化しくれ残りの4卵も無事孵化してきそうな感じです。

初令幼虫を即、ボトルへ投入してようやく本スタートした実感が出てきました(^_^;)

お試し産卵でしたが、我が家では期待のかかる種親のひとつですので

次世代に繋がるようしっかりブリードしていこうと思います。

他のセットも気になり、そっと覗いて見たところ

産んでくれていそうな齧りっぷりでしたので、たぶん大丈夫でしょう。

孵化ラッシュになればと願うばかりです(^O^)/





話は変わりますが、当方で種親に使用した♂個体(使用済み個体最終出品)を管理個体数削減の為、

+未使用♀1(53.0㎜UP)を付けGW明けにヤフオクへ出品します。

ご興味ある方がおられましたら覗いてみてください。(発動前のご相談があればメールフォームからお伺いします)

15YG3R-32(84.0㎜)
種親 013YG4-4(83.0㎜)GREEN氏 × 15YG2R-7(49.0㎜)871系累代
2017_0503_001333-IMG_1276_convert_20170504095340.jpg
2017_0503_003054-IMG_1307_convert_20170504095440.jpg
2017_0503_213310-IMG_1341_convert_20170504095621.jpg

15YG2R-3(84.5㎜) 
種親 013YG4-4(83.0㎜)GREEN氏 × 13YG1R-3(50.0㎜)866同腹累代
2017_0503_002058-IMG_1289_convert_20170504095417.jpg
2017_0503_003219-IMG_1311_convert_20170504095516.jpg
2017_0503_213417-IMG_1344_convert_20170504095645.jpg


スポンサーサイト

お試し。

シーズン2017、我が家でも先週よりスタートしました。

本格的なスタートに向け一足先にお試しセットを組んでみました。

と言うのも昨シーズン、YGでの不具合が発生しスタートが遅れたためです。

原因はよく解りませんが例年にないことでしたので2017は慎重にということでのお試し産卵を!



今回、お試しに選んだのが2015年にYGが我が家に合わないと感じ、撤退を考えていた時に

最後にもう一度と言うことでGREENさんより種親を譲り受けチャレンジ。

翌年、我が家で86.6㎜という最大個体が羽化してきてくれ最小でも81.0㎜というライン。

羽化してきた個体達は驚くことに美形がほとんどで堕ちた個体も僅かに2個体のみ。

我が家のブリードで驚きの連続を与えてくれた個体たちを2017種親で使用したく

試運転をかねセットを組んでみました。

お試し種親に選んだのがコレ↓

♂ 15YG1R-5  85.5㎜   <種親> GREENさん013YG4-4(83.0)×013YG3-18(53.0)
2017_0421_211521-IMG_1252_convert_20170422094208.jpg

♀ 15YG1R-26 53.5㎜   <種親> GREENさん013YG4-4(83.0)×013YG3-18(53.0)
2017_0421_192911-IMG_1204_convert_20170422081654.jpg

ペアリング期間は長めの7日間で即、投入し7日間でのセットを予定してましたがズルズルと14日間に。

産卵セットを開けると、う~ん?いまいちか?と思わせる齧り。
2017_0421_185105-IMG_1198_convert_20170422081547.jpg

とにかく、割り出してみないことには分からないので早速割り出してみました。

で結果が14卵。(1日1個ペース?)

2017_0421_192734-IMG_1200_convert_20170422081634.jpg

見た目、孵化には問題なさそうな良い感じでお試しセットは成功でしょう。

このペアは大丈夫だと分かっただけですが2017は順調に行けそうな予感です(^^)

多忙の為、ブリード数は激減すると思いますが、

5月より産卵セットを組む予定ですので幸先が楽しみです。





余談ですが、我が家の個体ヤフオク(←クリック)に出品中です。良かったら覗いてみてください。

出品中個体(使用済み)  TRINIDAD FPC-777 (70.0㎜)
2017_0415_232440-IMG_1196_convert_20170422082024.jpg

感謝。

多忙の為、サボっていたら広告が・・・(汗)

リンク頂いている先にもお伺いやコメできず申し訳ありません。落ち着きましたら、お伺いさせていただきます。


話は変わりますが少し感謝のお礼をしたいと思います。

昨年より始めたオークション。

2015年、出品した個体を全て落札いただきました。(順調過ぎて驚きました)

そして今現在、ヤフオクにて2016羽化個体を少しづつ出品しているのですが

昨年同様、我が家の大したこともない個体を落札頂いております。

落札頂いた方に感謝しつつ、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

誠に有難うございます(..)

余品羽化個体(YG新成虫)も後わずかですが有り、もうしばらく出品したいと思います。


2回目となりますが、次回出品する個体は、GREENさん013YG4-4(83.0㎜)を種親♂に迎え

我が家871系♀と掛け合わせた個体です。

腕が無いのは承知してますが、長年、866同腹累代、871系をブリードしてきました。

当然の如く?なかなか結果を出せないままでした。

しかし、3ラインに種親♂として使用した結果、我が家のYG羽化平均を大幅に更新してくれた驚くべきDNAです。

堕ちる個体も殆んどなく、羽化個体の多くが完品、美形。

世間様個体とは、比べるのもおこがましいですが期待は出来るのではと思ってます。

よろしければ覗いてみてください。


①15YG3R-29 82.5㎜ × 15YG3R-26 52.0㎜ペア
2016_0821_122308-IMG_1816_convert_20160821132135.jpg
2016_0821_122411-IMG_1822_convert_20160821132159.jpg
2016_0821_122519-IMG_1827_convert_20160821132223.jpg

②15YG3R-30 82.5㎜ × 15YG3R-9 52.0㎜ペア
2016_0821_122634-IMG_1832_convert_20160821132243.jpg
2016_0821_122715-IMG_1835_convert_20160821132302.jpg
2016_0821_122757-IMG_1839_convert_20160821132324.jpg

優秀。

良血血統の優秀さに今更ながら驚いてます。

前回の続きになりますが、YG86.0㎜を目の当たりにし

残りのGREENさんYG10ボトルが気になり6ボトルだけ掘ってみました。

なんと、少しですが更新となる個体が出てくれました。


(15YG1R-19)   種親 GREENさん 013YG4-4(83.0㎜)×013YG3-18(53.0㎜)
2016_0708_152200-IMG_1483_convert_20160708183742.jpg

こんなデカイ個体が我が家で出るだけでも驚きですが

それよりも驚いたのが、最終体重30gから86.6㎜で羽化したと言う還元率の良さ。

環境、菌糸も全く違うものを使用しての結果ですので驚きでした。

このまま次期ブリードに移行できるかは分かりませんが更なる個体を見てみたいもんです(^^)



祝? 我が家でも。

ゴールデンウイークから初めての土日連休。

我慢していたYGの掘り出し作業をするべくクワ部屋へ。

YGといえば・・・。恥ずかしながら、我が家ではいまいち伸び悩んでいる血統です。

数年866同腹累代を続け、コレと言った補強もせず自己満ブリードするも過去最大が84㎜。

一時撤退しようかと思いましたが、今一度ブリードしてみるべく

一昨年2ペア補強をし、自ブリ866系との計5ラインで2015シーズンへ再挑戦となりました。

ボトル越しに羽化が確認できるボトルを掻き集め片っ端から掘ってみました。

まずは、自ブリ866系。

結果、今のところ例年通りで最大84.2㎜(笑)

いろいろと手を尽くし試してはいますが相変わらずな結果。

残りに期待し、補強組のラインの掘り出しへ。

まずは、GREENさんライン。

ペアで譲り受けそのままペアリングし31頭でのスタートでした。

幼虫時の成長も良かったので期待はMAX。

♂ボトル17中、羽化が確認できるのが4♂。羽化してそうなボトルが3♂。不明が7♂。

羽化してそうなボトルまでの計7ボトルを掘り出してみました。

期待通りの結果で1本目から84,2㎜!

テンションが上がります。

2本目、3本目と掘り進め、5本目でひと際デカイのが見えます。

出てきたのがコレ↓



(15YG1R-5)  86.2㎜  

<種親> GREENさん ♂013YG4-4(83.0㎜) × ♀013YG3-18(53.0㎜)
2016_0703_133108-IMG_1460_convert_20160703142426.jpg

今や珍しいサイズではないんでしょうが

初めて目の当たりにしましたがやはり86㎜越えはデカイですね。

その上、完品。  一回り大きく見えます。

ただ残念なことに、自ブリではないので喜びは半分半分。

ですが、我が家でも良血なら期待は出来ることが分かったのは大きな収穫です。

GREENさんには感謝ですね。

残り10♂も期待が出来そうで楽しみです。

その他の結果。

84.2㎜  
84.2㎜  
83.5㎜ 
83.0㎜  
81.5㎜  
81.3㎜ すべて完品個体。




上画像ですが、羽化したのが5月初旬くらいでしたので掘り出した時から動きまわりまくりで

撮影に1時間ほど粘りましたが、測定写真どころかこの1枚がやっとでした。
(外で撮影してたので暑いのが嫌だったんです笑。)

また、落ち着いたころにでも計測画像を撮り、UPしたいと思います。



プロフィール

Author:まさやん
2008年から趣味で飼育している自己満足のオオクワガタ飼育の記録を中心に
日々のあれこれを記録がてら綴っていけたらと思います。

<ブリーダーさんブログ情報>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: