スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝。

多忙の為、サボっていたら広告が・・・(汗)

リンク頂いている先にもお伺いやコメできず申し訳ありません。落ち着きましたら、お伺いさせていただきます。


話は変わりますが少し感謝のお礼をしたいと思います。

昨年より始めたオークション。

2015年、出品した個体を全て落札いただきました。(順調過ぎて驚きました)

そして今現在、ヤフオクにて2016羽化個体を少しづつ出品しているのですが

昨年同様、我が家の大したこともない個体を落札頂いております。

落札頂いた方に感謝しつつ、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

誠に有難うございます(..)

余品羽化個体(YG新成虫)も後わずかですが有り、もうしばらく出品したいと思います。


2回目となりますが、次回出品する個体は、GREENさん013YG4-4(83.0㎜)を種親♂に迎え

我が家871系♀と掛け合わせた個体です。

腕が無いのは承知してますが、長年、866同腹累代、871系をブリードしてきました。

当然の如く?なかなか結果を出せないままでした。

しかし、3ラインに種親♂として使用した結果、我が家のYG羽化平均を大幅に更新してくれた驚くべきDNAです。

堕ちる個体も殆んどなく、羽化個体の多くが完品、美形。

世間様個体とは、比べるのもおこがましいですが期待は出来るのではと思ってます。

よろしければ覗いてみてください。


①15YG3R-29 82.5㎜ × 15YG3R-26 52.0㎜ペア
2016_0821_122308-IMG_1816_convert_20160821132135.jpg
2016_0821_122411-IMG_1822_convert_20160821132159.jpg
2016_0821_122519-IMG_1827_convert_20160821132223.jpg

②15YG3R-30 82.5㎜ × 15YG3R-9 52.0㎜ペア
2016_0821_122634-IMG_1832_convert_20160821132243.jpg
2016_0821_122715-IMG_1835_convert_20160821132302.jpg
2016_0821_122757-IMG_1839_convert_20160821132324.jpg

スポンサーサイト

優秀。

良血血統の優秀さに今更ながら驚いてます。

前回の続きになりますが、YG86.0㎜を目の当たりにし

残りのGREENさんYG10ボトルが気になり6ボトルだけ掘ってみました。

なんと、少しですが更新となる個体が出てくれました。


(15YG1R-19)   種親 GREENさん 013YG4-4(83.0㎜)×013YG3-18(53.0㎜)
2016_0708_152200-IMG_1483_convert_20160708183742.jpg

こんなデカイ個体が我が家で出るだけでも驚きですが

それよりも驚いたのが、最終体重30gから86.6㎜で羽化したと言う還元率の良さ。

環境、菌糸も全く違うものを使用しての結果ですので驚きでした。

このまま次期ブリードに移行できるかは分かりませんが更なる個体を見てみたいもんです(^^)



祝? 我が家でも。

ゴールデンウイークから初めての土日連休。

我慢していたYGの掘り出し作業をするべくクワ部屋へ。

YGといえば・・・。恥ずかしながら、我が家ではいまいち伸び悩んでいる血統です。

数年866同腹累代を続け、コレと言った補強もせず自己満ブリードするも過去最大が84㎜。

一時撤退しようかと思いましたが、今一度ブリードしてみるべく

一昨年2ペア補強をし、自ブリ866系との計5ラインで2015シーズンへ再挑戦となりました。

ボトル越しに羽化が確認できるボトルを掻き集め片っ端から掘ってみました。

まずは、自ブリ866系。

結果、今のところ例年通りで最大84.2㎜(笑)

いろいろと手を尽くし試してはいますが相変わらずな結果。

残りに期待し、補強組のラインの掘り出しへ。

まずは、GREENさんライン。

ペアで譲り受けそのままペアリングし31頭でのスタートでした。

幼虫時の成長も良かったので期待はMAX。

♂ボトル17中、羽化が確認できるのが4♂。羽化してそうなボトルが3♂。不明が7♂。

羽化してそうなボトルまでの計7ボトルを掘り出してみました。

期待通りの結果で1本目から84,2㎜!

テンションが上がります。

2本目、3本目と掘り進め、5本目でひと際デカイのが見えます。

出てきたのがコレ↓



(15YG1R-5)  86.2㎜  

<種親> GREENさん ♂013YG4-4(83.0㎜) × ♀013YG3-18(53.0㎜)
2016_0703_133108-IMG_1460_convert_20160703142426.jpg

今や珍しいサイズではないんでしょうが

初めて目の当たりにしましたがやはり86㎜越えはデカイですね。

その上、完品。  一回り大きく見えます。

ただ残念なことに、自ブリではないので喜びは半分半分。

ですが、我が家でも良血なら期待は出来ることが分かったのは大きな収穫です。

GREENさんには感謝ですね。

残り10♂も期待が出来そうで楽しみです。

その他の結果。

84.2㎜  
84.2㎜  
83.5㎜ 
83.0㎜  
81.5㎜  
81.3㎜ すべて完品個体。




上画像ですが、羽化したのが5月初旬くらいでしたので掘り出した時から動きまわりまくりで

撮影に1時間ほど粘りましたが、測定写真どころかこの1枚がやっとでした。
(外で撮影してたので暑いのが嫌だったんです笑。)

また、落ち着いたころにでも計測画像を撮り、UPしたいと思います。



安否2

クソ忙しい日々が続く中、少し時間がとれたので

前回に続き種親の安否確認をしました。

今回はYG。

世間様のレベルとは程遠いですがご容赦を。



今期YGは、今のところ4ラインくらいを考えています。

と言うのも昨年、再挑戦の年とし補強を試み奮闘中ですので

2015年YGの出来次第で我が家YGが左右されます。(ただ下手なだけなんですが)(笑)

種親♂候補としては、我が家866系と昨年補強させて頂いたGREENさん013YG4-4(83.0㎜)に

頑張ってもらいます。


14YG3R-2  83.0㎜(866系)
2016_0314_161321-IMG_1058_convert_20160314162929.jpg



GREENさん 013YG4-4 (83.0㎜)
2014_0930_170801-IMG_0183_convert_20140930172408.jpg




2016年は大型、極太半々くらいのブリードになる予定ですが

まだ検討中です。

次回は極太種親の安否確認予定です。

では。





謹賀新年。

明けましておめでとうございます。

本年も当ブログにお付き合いのほど宜しくお願いします。


さて、2015年、第一号となる強制早期個体が無事に羽化してきました。

昨年、10月より虫家にて期待の♀個体13頭を強制早期羽化させるべく選抜し加温開始。

前回2014、早期羽化させるのになかなか蛹化スイッチが入らず苦戦したので

今回は徐々に加温せず、しょっぱなから温度設定を30℃へとセット。

11月始めで動きがあるのが5♀だけでした。(蛹化は2♀前蛹は3♀)              

5♀を30℃キープできる位置まで、基盤から遠ざけ更に32℃へ加温!

しかしながら12月中旬で蛹化が3♀、前蛹3♀のみ。

今回、苦戦しながらも羽化第1号はYGで2号が極太系風魔血統でした。

15YG3R-12  50.5㎜
2016_0104_081739-IMG_1004_convert_20160104082727.jpg

52㎜くらいを狙ってたんですが仕方ないですね。

サイズは小さいですが2♀共に完品羽化でしたので良しとします。

後は未だ幼虫&前蛹(笑)。(強制早期羽化は難しい!)

2016年、早期を使用するかは後々考えることとします。




あと、ボトル交換時、幼虫穴作成時にでた菌糸(2次発菌)は、いつもは惜しみなく捨てるのですが

それを掻き集め、1400ccボトル詰め、3次発菌させてみました。

2016_0104_080530-IMG_0988_convert_20160104082752.jpg

1本分だけですが綺麗に廻ってくれました。

3本目で活躍してもらいます(^O^)




プロフィール

まさやん

Author:まさやん
2008年から趣味で飼育している自己満足のオオクワガタ飼育の記録を中心に
日々のあれこれを記録がてら綴っていけたらと思います。

<ブリーダーさんブログ情報>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。