スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調

産卵セット~割り出し採卵した卵が順調に孵化中。

出来るだけ、ど初令をボトルへ投入するべく

3日に一回、卵の成長を見守り孵化した順にボトルへ投入しています。

2017_0528_033925-IMG_2013_convert_20170528040138.jpg


投入数も200を超え、苦戦することなくスムーズに進み一安心。

今期は飼育数を削減してのブリード。

数少ない中からどれだけ自己満できる個体が出てくるのか楽しみです(^^)





我が家ごとぎですが、

「採卵はリスクが高いと聞きましたが、なぜ採卵してるのですか?」「メリットは?」

とのお問い合わせがありましたので

ここでご紹介させていただきます。

産卵セットの組み方や方法etc・・・ボトル投入までの過程はブリーダーさんそれぞれ個々に違い

意見や見解が割れるところですが、我が家では専ら材でのセット。



理由として

・セット終了後、即材割りをし採卵することで産卵数、状態を早期に把握することができること。

・ど初令を容易にボトルへ投入できること。

・ボトルの無駄を最小限に抑えられること。

・材によるカビで卵へのダメージを早期回避ができる確率があがること。

あと、定刻に卵をチェックできれば

孵化日が把握でき正確な管理日数が得られることでしょうか。


また、リスクの面では、確かに全部が全部100%孵化する訳ではありませんが

私自身、採卵でのリスクはそれほど感じていません。

採卵後の管理の仕方、方法次第だと思ってます。


材、菌床での幼虫割り出しでも

中(卵)が確認できないだけであって、全ての卵が100%孵化していないと思います。

結果、我が家では採卵採集孵化が最良だと思ってます(^^)


ブリードにできるだけ金を掛けないのが我が家のモットー。

最良のスタートをきるのに無駄を省き早期に対処することを考えた結果、今の形になってます(^^)









スポンサーサイト

カッコええやん。

久しぶりの更新です(^^)

昨年9月から多忙になりブリードどころではなくなってきている今日このごろです(^^)

2017シーズンをそろそろスタートしなければなりませんが、多忙を避けることはできそうになく、

ブリード数を減らさなければならなくなりそうです(T_T)

今はまず,ブリードルームの確保をするべく、

ヤフオクへ余剰個体や予備種親もなくなく出品し個体数減らしをしてますが

後ろ髪をひかれ、なかなか思うようには行ってません(^^)

若干数、予備種親候補が残ってます。ヤフオクへ出品して行きますのでご興味ある方は覗いてみてください。



そんなこんなで、一番幅をとっているケースが一つ。

昨年、我が家に来たDH・モリシマイのケース!

そっ~とケースを見てみると側面に蛹室らしきシルエットの中で頭角らしきものが・・。

これはもう掘るしかあらへん! とッ。

出てきたのがコレ↓

122.0㎜
2017_0401_222620-IMG_1093_convert_20170409143902.jpg

おぉ~無事完品羽化! ごっつカッコええやん!

と自己満足に浸り喜んだんですが

で、 す、 が、

DHモリシマイ?の実物を見るのは初めて。

ヘラクレスの見分け方がいまいち良く解りません(笑)



まぁ兎に角、頭角が真っ直ぐ伸び完品だったのがなによりですねぇ。
2017_0401_205410-IMG_1014_convert_20170409143938.jpg

折角の完品羽化個体ですが累代は難しそうで手放すことになるでしょう(泣)




あッ 最後にこんな幼虫が。

孵化してから10カ月(YG)。さてどうなる?

2016_0828_082651-IMG_1843_convert_20161105120439_convert_20170409144141.jpg

では(^O^)/

果たして。

九州、熊本地震により被災、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。




2016種親のペアリングが一通り終了しました。

4月2日より、各ライン毎、1週間づつ順次行いました。

お試し無しのセット投入の為、思惑道理行くかは種親任せ(笑)


2016_0331_161422-IMG_1078_convert_20160424073502.jpg


5月1日に産卵セットへ一斉投入予定です!

いよいよ。

ようやく慌ただしい仕事も落ち着き、新年度を迎える事ができました。

中年オヤジの老体に堪えますがこれからは少しゆっくり出来そう?です(^^)



本日より2016年度、我が家のブリードをスタートさせました。

数日前よりペアリングの組み合わせを決めてはいたのですが

今朝になり、何となく納得できず組み直し悩んだ末、決定し

まずは第1陣となる種親のペアリングをスタートさせました。



先発、種親♂
2016_0402_085822-IMG_1085_convert_20160402100657.jpg

特段デカイのはいませんがブリードにおいて

幼虫時の過程や羽化時の強いディンプル、羽パカは使用不可などを鑑み優秀と思われる♂を選別。

種確認はしていないので、本番ぶっつけでいきます。

まずは予定どりに産卵してもらわなくては・・・。

今の所、ゼリーの食いつきも良く種親の体調は万全の見込みです。

ペアリング期間は1週間 、室温は24℃~25℃で随時次の種♀を投入し

一気に済ませる予定です(^^)
            










協賛品。

ブログリンクさせて頂いているひでのぱぱさん(←詳しくはここをクリック)が

「ブログ開設4周年記念&70.000Hitプレ企画」を開催されます。

開催に伴い超微力ですが我が家から協賛品を出させて頂くことになりました。

応募があるかは二の次でこの企画のお手伝いをしたいと思ってますので

大いに盛り上げて頂けばれと思います。



では協賛品のご紹介です。

能勢YG866系 累代飼育個体 ♂80㎜(14YG1R-13)。

種親  ♂81㎜(12YG1R-6)×♀51㎜(12YG1R-4)

飼育歴 2014年 5/25 初令  8/20 (29.1g)    12/7 (36.7g)   4/10 (30.4g)  2015. 5/下旬羽化

2015_1025_092333-IMG_0929_convert_20151025093955.jpg
3本目交換時、36.7gを叩き出すも暴れてしまい残念な結果となりましたが同腹兄弟で84㎜が出ています。

大顎もスラット長く男前で美形です。



能勢YG866系 累代飼育個体 ♀50㎜(14YG3R-4)

種親  ♂79㎜(12YG1R-5)×♀51㎜(12YG1R-10)

飼育歴 2014年 5/2 (初令)     8/13 (14.2g)    4/4 (14.7g )     2015. 6/上旬羽化

2015_1025_092812-IMG_0933_convert_20151025094027.jpg

上記、80㎜×50㎜ペア お1人様(未成年不可)限定です。

1ペアのみですが、ご興味ある方は、是非ご応募ください。
プロフィール

Author:まさやん
2008年から趣味で飼育している自己満足のオオクワガタ飼育の記録を中心に
日々のあれこれを記録がてら綴っていけたらと思います。

<ブリーダーさんブログ情報>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。