スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得?

前回に続きTRINIDAD FPC-777

初羽化となる第1号は見事な羽パカ。

更に先ほど様子を見てみると★に!

覚悟はしてましたがやはり残念です。

残りので不全が多発しないことを願うばかりの中

続々と兄弟個体が羽化してきています。

前回の事もあり、掘り出すのに躊躇しましたが

PP越しには羽パカでないような2個体を掘ってみました。

出てきたのはコレ↓

TRINIDAD FPC-777(15TRI-1)  
2016_0528_192602-IMG_1183_convert_20160528193412.jpg

まずは不全でなく安心しました。。

完品とは言い難いですが体格は重圧もありガッチリって感じです。

出来としては、まあまあといったところでしょうか。

気になるサイズですが、完全に固まっていない状態での計測なので曖昧ですが

(仮計測) 体長73.0㎜  顎幅6.2㎜(6.1㎜~6.3㎜)  頭幅26.0㎜。



そして次の個体です。

取り出したのがコレ↓

TRINIDAD FPC-777(15TRI-14)
2016_0528_162025-IMG_1173_convert_20160528191218.jpg
2016_0528_161213-IMG_1162_convert_20160528191043.jpg
2016_0528_161808-IMG_1167_convert_20160528191148.jpg

そこそこ(納得?)の個体が羽化してきてくれました(^^)

羽化して1~2週くらいでしょうか。

まだ赤いですが翅はしっかり納まっているのがなによりです。

後はもう少し頭幅が欲しいのとディンプルだけですね(^^)



(仮計測) 体長 73.0㎜  顎幅6.4㎜(6.3㎜~6.5㎜)  頭幅25.0㎜
2016_0528_163152-IMG_1179_convert_20160528191253.jpg

この個体は種親のDNAを上手く受け継ぎ次世代へ繋がれば楽しめそうです。

まだ、羽化待ちTRINIDADが多数いるので

さらなる個体が羽化してくるのを願うばかりです。
スポンサーサイト

初羽化。

昨年、ご本家1年2組ドルクスハイスクール氏より

直接譲り受けたTRINIDAD FPC-777!


3月中旬ごろに蛹化しそこから24℃管理。

じっくり時間を掛け5月初旬に羽化確認。

待望の第1号が初羽化してきました。



初ブリードの極太血統の為、最大の課題となっている翅パカが心配です。

PP1400ボトルの管理でしたので、個体の羽化状態が

掘ってみるまでハッキリ確認できません。

期待を胸に恐る恐る掘ってみると、最終体重の割に予想を上回る大顎が!

出てきたのがこれ↓


TRINIDAD FPC-777  (15TRI-2)  種親♂74.0㎜ × ♀50.0㎜
2016_0521_102721-IMG_1158_convert_20160521115222.jpg




大顎が見えた瞬間テンションが上がりました(笑)

最終体重24.0gの割に良い還元率?。

これはいける!


更に掘り進めていき

最悪の翅パカではないよう祈りながら

全体が見えるまで少しずつ少しずつ進めた結果。





2016_0521_102837-IMG_1161_convert_20160521115246.jpg


くぅ~。 残念ダメでした(泣)

上がったテンションが下がったのは言うまでもありません(笑)

翅パカ回避の対処はしたつもりでしたが

こればかりは仕方ありません。


サイズは76.0㎜?ほど

顎幅は物足りませんが6.5㎜UPでしたのでとりあえずですね。

初ブリード、初羽化で僅かに種親越えはしたということで良しとしときます。

まだ羽化は始まったばかりと気を取り直して

次回以降、今回を上回る個体が少しでも多く

無事完品羽化してきてくれる事を願うばかりです(^^)


LEVIN-Gその後。

前回の記事で紹介した水分過多のLEVIN-G。

5月3日に詰め今日で5日が経ちましたが、その後の経過は?



SALE品(A)LEVIN-G   
<画像左>  水分過多(B品だと思われる)    <画像右>  同商品(水分若干多め)
2016_0508_081440-IMG_1141_convert_20160508084153.jpg
2016_0508_081854-IMG_1145_convert_20160508084220.jpg

やはりこれでは使い物にならないですね。

画像左は、1本目のボトルとの事も有り普通に詰めてありますが当然の如く菌が廻っていません。

たまたまだったかもしれませんが価格の高い有名どころでここまで質の悪い物は初めてです。

実績共に需要が有る菌糸メーカーですのでそれに見合う品質管理を徹底してほしいものです。



ボトル側面UP画像も撮ってみました。   

上記左ボトルUP画像
2016_0508_082255-IMG_1150_convert_20160508084245.jpg

上記右ボトルUP画像
2016_0508_082334-IMG_1151_convert_20160508084312.jpg



たとえ本命以外で使うにしても菌糸の状態次第で

幼虫への影響は少なからず有りますし最悪の事態も考えられます。

多数のリスクが考えられる以上破棄するしかありません。

今回、ケチってSALE品にしたのが仇になってしまったのかもしれません(笑)

もう一度だけLEVIN-Gを購入しようかと考えてます。

もちろん購入するなら正規品です(^^)。

同じ事が起きない事を願いますが、もしものときは今度は黙ってません。詰めよります(^^)

う~ん どうする!

今期、新たに菌糸1銘柄を増やし4銘柄で行こうと思ってましたが

ある事が原因で只今検討中。

実は、先日注文していた菌糸ブロックが到着しました。

届いたのがエクシードさんLEVIN-G。
2016_0503_102343-IMG_1105_convert_20160504104304.jpg

初めてとのことも有りSALE品の(A)LEVIN-Gを選択。

1度、我が家でも使ってみたく、お願いしてました。

梱包もしっかりしてあり好印象でしたが

オマケ?のパワーブラウンゼリーが散乱してたのが残念でしたね。

搬送中に潰れていてもおかしくない状態でした。

2016_0503_150611-IMG_1106_convert_20160504104332.jpg

「なんともなかったし、まぁええかぁ」と気を取り直し

早速、菌糸詰めを開始。

今回詰めるのは、 LEVINーG とWISH-Kの2銘柄。

まずは、WISH-Kからブロックを崩し

ようやく慣れてきたAshtakaさんプレス機で詰め、

次に、初となるSALE品(A)LEVIN-G。

袋を手に取り明けてみると若干のキノコが・・・。

SALE品ですが、A品とのことで期待してましたがこれまた残念。

またまた「SALE品やし、まぁええかぁ」と思いつつ全ブロックを開封して確認してみました。

10ブロック中、キノコが出ていたのは5個でした。

思うほど悪くはないのかなぁと思いながらブロックを崩してみました。

しかし、キノコが出ていた5ブロック中3ブロックはB品。(えぇ~勘弁してや~)

見た目、水分量は60%くらいでしょうか。

SALE品とはいえ、お高めのお値段。 

B品はどうかと。正直、腹が立ちましたがそこは大人(笑)。



画像を撮って検証してみました。

比較になるか分かりませんが他のオガ粉も載せてみました。


画像1   キノコが出ていたブロック (B品だと思えるLEVIN-Gのオガ粉)
2016_0504_111605-IMG_1122_convert_20160504112827_convert_20160504113128.jpg


画像2   他のSALE品 (A)LEVIN-G 
LEVIN-G.jpg


画像3  WISH-K  
WIHS-K.jpg


画像では分かりづらいかもしれませんが画像1は水分が多く含んで黒ずんでいます。

画像2、少し水分が多いかなと言う位で使えそうです。

画像3、WISH-Kはクヌギですので違いますが、ブナと色合いはさほど変わらないので分かり易いかと思います。

もう少し分かりやすくするためクリアボトルに詰めてみました。



SALE品(A)LEVIN-G 左が画像1   右が画像22016_0504_103151-IMG_1116_convert_20160504104612.jpg



左、画像1   中、画像2  右、画像3
2016_0504_103212-IMG_1118_convert_20160504104701.jpg

お解かりいただけたでしょうか?

左ボトル(画像1)のオガ粉の水分量が多く黒く変化しているボトル。

これではカビが生えそうで本命には、使えません。

以前よりロット斑がよくあり使いにくいとは聞いていましたが

A品でしたので安心してましたがまさかでした。

正規ブロックや正規ボトルなら、こんな事はないのかもしれませんが・・・。

実績があり使ったこともないので試してみたいとは思いますが

品質管理をしていたであろうA品にB品が混ざって出荷されると、構えてしまいます。

今後どうするかは検討して決めていきたいと思います。




余談ですが我が家に今年やってきたDH・モリシマイ。

ちょうど4カ月立ちマット交換しました。

やっぱり強烈ですね。

オオクワで見てみたい衝動にかられますね(^^)


噛みついてくるので少しマットが乗ってます(笑)
モリシマイヘラクレス・


ところでコイツは大きい方なのかな?

変更。

昨日5月1日、予定通り種♀を産卵セットへ投入しました。

1週間のペアリングをし1~2週間の栄養補給をしてもらいました。

取りあえず、次の材入れ替えまで待つしかないですね。




さて、タイトルの変更ですが、

今まで産卵セットで使っていたQBOX30を控える事にしました。

理由としては半透明だと面倒くさいと言う事だけ(笑)


ブリードルーム内は、遮光していても、

半透明のQBOXだと電気のオンオフでの光がもろに差し込む。

その影響が♀の産卵行為の妨げとなっているため

♀を投入後、BOXを遮光するのに、新聞紙4~5枚を重ね、

光が入らないよう包込んでいましたが

産卵確認をするたびに新聞紙を剥がすことが面倒になってきました。



そんな訳で新しいコンテナBOXへ変更です。

昨年から探し回り見つけたのがこれ↓。

2016_0502_201915-IMG_1099_convert_20160502203111.jpg


半透明なら沢山あるんですが目的ものがなかなかありませんでしたがようやくゲット出来ました。

黒塗りで光も入らず その上、安価な割に、頑丈な作り。

大きさも手頃で太材(11~14)ならゆうに2本入る大きさ。深さも16.5㎝あり十分です。



A3L軟材×1本
2016_0502_201102-IMG_1097_convert_20160502203047.jpg

我が家セットは1~3㎝マットを詰め転がすだけですから

余裕がある位がベストかもしれません。

今期から1本ずつ材を入れ1週間での入れ替えをしていき様子を見ようと思います(^^)
プロフィール

Author:まさやん
2008年から趣味で飼育している自己満足のオオクワガタ飼育の記録を中心に
日々のあれこれを記録がてら綴っていけたらと思います。

<ブリーダーさんブログ情報>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。